前へ
次へ

転職先の営業求人に定年に関する情報があるか

正社員として採用されると会社が倒産しない限りはずっとその会社で勤めることができます。
もちろん自己都合で他の会社に転職することは可能ですが、会社側からの解雇はよほどの理由がない限りはありません。
ずっと勤めることができると言っても一応限度が決められることが多くそれが定年になります。
定年は年齢で決められることが多く、その年齢になったら年度の途中であってもそれ以後その会社で仕事ができなくなります。
若い人が営業求人を探すときはあまり気にしないかもしれません。
中高年の人が管理職向けの営業求人を見て転職を考えようとするなら定年制がどうなっているかは重要な項目と言えるでしょう。
かつては60歳定年制の会社が多かったですが、今は65歳定年制や定年制を廃止しているところもあります。
定年制がないからと言って永遠に働けるわけではなく、ある年齢になると雇用を継続するかの判断がされるので実質それが定年になるとも言われます。
求人情報にあまり細かく書いていないこともあるので、面接で気になる部分を聞くようにしましょう。

Page Top